私には貴男だけ  (桂銀淑)

昭和63年、8月に発売されたものです。 韓国演歌を日本語カバーしたもので、2番のハングル歌詞がうまく歌えませんでした。 桂銀淑さんがこの歌を歌ってることすら、知りませんでしたが 感情が入り込みなぜか涙が溢れてしまいました。
コメント:10

続きを読むread more

感謝状  (島津亜矢)

   私が30代の頃、大好きな母が、直腸ガンで向こうの世界に旅立ちました。 私の兄弟は6人・・末っ子の私はいつも母の後をついてまわり、困らせた思い出が あります。 母は、そんな私をおいていくのは辛いと、よく病院で泣かれました。 3年間、入退院の繰り返しで、その度に私は付き添いに・・・ 個室に入り、体の便が肛門から出なくなり…
コメント:10

続きを読むread more

紀の川  坂本冬美 

  静岡県の遠州森町にあります、お国神社・・・ この近くに花ショウブ園があります。 またその近くに、賭け事で有名な森の石松のお墓もあります。 勝負事に有名になり、賭け事が好きな人たちが石松のお墓の石を削り財布の中へ・・・ 今は建て直して綺麗になってますが、ボロボロのお墓も残ってました。 新東名で行くと近いですが…
コメント:9

続きを読むread more

J (門倉ユキ)

 何年か前に大好きな友達が、直腸がんで亡くなってしまい、一人残された私は途方に・・・ 心の中では、笑顔な姿が浮かぶんだけど、この歌を歌うと涙が溢れてきます。 寂しい歌ですが、聴いて下さいね。
コメント:11

続きを読むread more